Skip to content

旅行のツアーの種類について

旅行のツアーには個人型と添乗員付きのものがあり、個人型では添乗員は付かずに宿泊と交通がセットになっています。

添乗員付きツアーではガイド役が居たり、スケジュールを管理して貰いながら旅をするスタイルです。個人型では自分で全てを手配する必要がなく、価格もお得なものが多いです。旅行中は誰かに気を使ってスケジュールを組み立てる必要もないので、自由に楽しむことが出来ます。個人型での自由度はとても高いのですが、注意が必要になるのはキャンセルをするときです。

宿泊先や交通機関のキャンセル料金が必要になり、旅行会社が定めた規定に基づいて支払う必要があります。添乗員付きの場合は全ての日程に添乗員が同行して、案内してくれるのが特徴です。気軽に旅を楽しむことができ、自分たちでスケジュールを立てなくても名所に行くことが出来ます。自由時間が少ないこともありますが、その分効率よく旅をすることが出来ます。主催旅行は旅行会社が目的地や日程、行程を決定して、参加者を後から募集して開催します。パッケージツアーと呼ばれるタイプのもので、旅行券や宿泊先とのセットになっています。

利用者の希望に合わせて航空券や宿泊先、乗車券などを代理で手配するのが、手配旅行です。手配に必要な手数料と実費を旅行会社側に支払い、代わりに全ての手続きを任せることが出来ます。この二つの違いはキャンセル料と補償内容で、主催旅行は旅の中で起こった事故には特別保証が、行程通りに旅が進まなかった場合には旅程保証があります。手配旅行はあくまでも手配するためのサービスなので、旅行中のトラブルに関する保証はないです。特に海外旅行での補償はないので、海外に行くときには注意が必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *