蝙蝠駆除をするためには

subpage01

身近な害のある生き物としては、ネズミや野良猫などが挙げられますが、夕方になるときになるのが蝙蝠です。


蝙蝠は、家に住みつく種類もおり、それが害になってしまいます。

人間を襲うことはありませんが、糞をするためそれが原因で悪臭や細菌の感染などの害になってしまったり、100匹近くの蝙蝠が住み着いてしまったり、鳴き声や羽音でうるさくて眠れないなどの害が出てきてしまうことが考えられます。

そんな蝙蝠胎児をする場合には、まず侵入口を特定することから始めます。
外壁にあいた穴やエアコンのパイプがとうっている穴の隙間などから入ってきますが、出入り口には糞や引っかき傷などがあるためそれを目印にして探します。
具体的な蝙蝠駆除方法としては、簡単なものとして光をあてることが簡単です。



出入り口からライトを照らすことで蝙蝠の嫌な環境を作ることによって出て行かざるえない状況になります。

蝙蝠駆除でポピュラーなのが、光以外は忌避剤が挙げられます。様々な忌避剤が販売されており、薄荷油やニンニクエキスなど刺激臭が出る成分を利用したスプレーを使って、蝙蝠を刺激して外へ追い出すという方法になります。
蝙蝠駆除後はしっかり侵入口を防ぐことが大切です。



新しく蝙蝠が侵入するのを防ぐために、シーリング剤で隙間を埋めたり、金網を設置する、外壁を交換することなどが必要となります。小さくても侵入してくるためしっかり防いでいきます。

自分で対処できないという場合には、業者を利用するのもオススメです。